プレ・お月見会  烏帽子岳

10月29日実施予定のお月見+ぜんざい会が天候不良になりそうなので、急遽28日にも烏帽子岳に登ってきました。急な呼びかけにも5組の親子が参加してくれました。

戻る

先月は予定したお月見が台風接近のため取りやめになっていたので、どうしても観測会をやりたかったのです。予定の29日が曇ってしまいそうな予報だったので、都合をつけてくれたみなさんには申し訳なかったのですが、参加可能な方だけでもと呼びかけたら、ぜんざい無しにもかかわらず、5組の親子が来てくれてました。

さっそく天体望遠鏡をのぞいてもらいました。

午後8時過ぎ、頭上にはまだ夏の大三角が居残っていました。小学生たちが三角形を結ぶ星座をちゃーんと知ってたのにはビックリ!小さい子たちは懐中電灯もって夜の原っぱを走り回っていました。

いつしか子どもたちは広い草原に解き放たれ、あちこちに懐中電灯の光がゆらゆら動いています。目印になってちょうどイイね。大人たちはそれを幸いにゆっくり月の表面を観察できました。思った以上に月って明るいよね。

満天の星を「見下ろす」寝ころび観察は、大きな月がちょっとまぶしくてイマイチだったね。でも、こんなカンジで空を見上げる?見下ろすことってあんまりないので、とても新鮮な気分でした。

早めに帰られたご家族の除いて記念写真。この次は耐寒天体観測会だよ!

29日 お月見ぜんざい会にすすむ