磯の観察会 白浜海水浴場

暖かくて絶好の観察日和。あんまり水には入るなよ!って、やっぱり無駄な注意でした・・・

戻る

最初のプログラムは、浜の漂流物調査だったのに、子ども達は水際目指してまっしぐらでした。そりゃそうだよね、動くもの生きてるものだよね、まずは・・・

だからね、打ち上げられた漂流物ってさぁ、そういう場所じゃなくってもっと・・・

いやいや、楽しくて夢中だったらイイんです。

いちおう漂着物らしき小枝もあるけど、バケツの中味は生きてる貝ばっかりじゃん!

ななみちゃんがみつけたスポンジみたいのはカイメンでした。ほら、さわってみて!

この白いのは何だ?あ、それボクも拾った!私も!

これはイカの甲(骨)です。と川久保先生。

さぁ、これから潮の引いた磯の方へ行ってみましょう。でも、その前に危険な生き物の注意を聞いてね。

ほら、テレビに写ってるぞ!ダイちゃん。

もっとたくさん写真がありましたが、近いうちにアップいたします。

これは解散後名残惜しそうに波打ち際で遊ぶ子ども達です。遠く平戸や五島列島まで見えた穏やかな秋の砂浜に、ありがとうございましたと言いたくなりました。

戻る